Moldex3D eDesign
  • eXplorer
  • eDesign Basic
  • eDesign
  • Professional
  • Advanced

eDesign


eDesign は、3D射出成形シミュレーションソフトウェアとして実績のある 「Solid」 の精度と速度を受け継ぎながら、設計工程での射出成形解析活用を主眼におき、自動3Dメッシュ生成機能、そしてユーザーフレンドリーなワークフローなどの使いやすさを加えて開発された製品です。

特に、eDesignが持つ“ウィザード機能”(ゲート、ランナー、スプルーから、金型、冷却管、そしてメッシュ生成が簡単に行えます)を使用すれば、設計担当者は「解析準備」にかける工数を大幅に削減し、製品自体の最適化に集中することが可能です。 また、熱可塑性樹脂の充填、保圧、冷却、そして反り解析に加え、繊維配向解析機能、(Fiber)、マルチコンポーネント成形 (MCM)などにも対応し、各種構造系ソルバーとのインタフェース(FEA Interface)も充実しています。(熱硬化性樹脂射出成形にも同様に対応)

eDesign は、設計者からCAE技術者まで、幅広くご使用いただける最高の射出成形解析CAEソフトです。

トライアル


eDesign モジュール


Flow

Flow

Flow を用いることで、熱可塑性樹脂の充填プロセスのシミュレーションが可能になります。ウェルドライン、ショートショット、エアトラップなどのトラブル予測のみならず、3Dシミュレーションを適用することによって、噴水流れや慣性力、重力の影響などの特徴的な現象を解析することが出来ます。 
→詳しくはコチラ

Pack

Pack

Pack を用いることで、熱可塑性樹脂の保圧時の密度変化を伴う挙動のシミュレーションが可能になります。ゲートシール時間や熱収縮を抑えるための諸条件を適切に予測することが出来ます。肉厚が大きく変化するような部品の設計に対しても3Dシミュレーションが効果を発揮します。 
→詳しくはコチラ

Cool

Cool

Cool を用いることで、金型冷却プロセスのシミュレーションが可能になります。冷却回路の妥当性評価や冷却時間の予測などに3Dシミュレーション技術が有効です。また、複雑な非定常冷却解析にも対応しています。 
→詳しくはコチラ

Warp

Warp

Warp を用いることで、製品の収縮および反り変形のシミュレーションが可能になります。実際の金型を作成する前の段階で、収縮や反り変形などの問題を解決することが出来るようになります。 内部の繊維配向に伴う、収縮や反りの異方性を捉えることも可能です。 
→詳しくはコチラ

MCM

MCM

MCM を用いることで、ツーショットの連続成形、インサート成形などのマルチコンポーネント成形のシミュレーションが可能になります。異なる材料が含まれる製品の反り解析なども実施出来ます。 
→詳しくはコチラ



オプション(Solution Add-on)

Fiber

Fiber

Fiber を用いることで、充填時に生じる繊維配向分布のシミュレーションが可能になります。さらに、それに伴う成形品の異方性物性値(弾性率、熱収縮など)を 評価することも可能で、反り変形解析などに活用することが出来ます。 
→詳しくはコチラ

FEA Interface

FEA Interface

FEA Interface を用いることで、他の一般的な構造解析ソフトウェア(Abaqus, ANSYS, Nastran, LS-DYNA, Marc, DIGIMAT など)に、Moldex3Dによって得られたデータを引き渡すことが可能です(繊維配向、残留応力など)。 
→詳しくはコチラ

Viscoelasticity

Viscoelasticity

Viscoelasticity を用いることで、溶融樹脂(粘弾性流体)の流動起因の残留応力の評価が可能になります。得られた残留応力の値は反り解析に利用可能なほか、構造解析用のデータにも利用することが出来ます。 
→詳しくはコチラ

RIM (熱硬化性)

RIM (熱硬化性)

熱硬化性樹脂の反応射出成形のシミュレーションが可能になります。代表的な例として、不飽和ポリエステル、ポリウレタン、液状シリコンゴムなどの射出成形や、エポキシ樹脂複合材料を使用したマイクロチップ封止成形などがあります。充填、硬化の過程から反り解析までが可能です。
→詳しくはコチラ

eDesignSYNC

eDesignSYNC

eDesignSYNC は、製品設計に携わる方にお勧めするCADソフトに組み込んでシームレスに射出成形シミュレーションが行えるツールです。使い慣れたCADでゲートや、ランナー、冷却管を配置した後、eDesignの自動3Dメッシュ作成機能や豊富な材料データバンクを使用しての解析(流動、保圧、冷却、反り、インサート成形など)を行っていただけます。 (連携可能CADソフトは、NX、SolidWorks、Creo Parametric)



稼動環境


O/S Windows 32ビット Windows 8, Windows 7
64ビット Windows 8, Windows 7
Windows Server 2012 and 2008
Hardware CPU Intel Core i7 series, Intel Pentium, Intel Xeon, Intel EM64T,
AMD Athlon, AMD Opteron based processor
RAM 8.0GB以上推奨




ページトップへ戻る

※ Moldex3D の開発元は、CoreTech System Co., Ltd. です。
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

資料請求/お問い合わせはこちら >>
株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部


NTT DATAグループ日本総研